コウイチさんの刺し網漁

刺し網漁に行くというので、船に乗せてもらいました!

朝6時過ぎ、前日に仕掛けた網を上げ出発。コウイチさんの他に、小渕浜に毎週やってきてはボランティアをしてくれるMくんと、私というメンバー。

時間との勝負で忙しいワカメの収穫の船を見学しながら、網を仕掛けた場所に到着。この日はアイナメ狙い。

網を上げる機械はついているものの、ちょっと問題があってこの日は手で網を上げるコウイチさん。まさに昔の漁師の姿。

最初に一匹かかっていたものの、その後はなかなか上がっては来ず、ダメかと思った頃から少しずつ顔を見せだした。平均で30センチ前後。中には40センチ以上のアイナメもいて、これは釣れたらかなり楽しいだろうなぁと思わせる。

アイナメの他にも、ボッケ、ソイ、メバルなどが良いテンポで上がってくる。これは楽しい。コウイチさんもMくんも笑顔になる。狩猟本能が刺激されているのか。

穫った魚はすぐに網から外して、船底についている水槽へ。こうして生かしたまま港まで運び、さらに酸素ボンベをつけた車で石巻の市場まで運ぶ。今はアイナメの値段が良いらしい。

漁が終わってみると、水槽には結構な数の魚が泳いでいた。何日か前から泳がせているアナゴやシャコエビもいて、さながら小さな水族館。幸丸水族館だ(幸丸はコウイチさんの船の名前)。

死んでしまった魚は、自分たちで食べたり、人にあげたり、他の漁のエサにしたり。

帰りは波の穏やかな場所で網の片付け。ゴミを落としながら、次に使えるようにカゴの中に仕舞っていく。これは私とMくんもお手伝い。

しかし、大した作業じゃないんだけど、揺れる船の上で手元を見ながらなので、次第に酔ってくる。辛くなったところでコウイチさんと交代。ちなみに、コウイチさんも結構船酔いをするそうだ。船酔いをする漁師ってなんだか笑えるけど、結構いるらしい。

網の片付けを終えて納屋に戻ると、コウイチさんが今穫って来たばかりの魚でメバルの煮付けとアイナメのなめろうを作ってくれた。それに白い米でちょっと遅い朝ご飯。これがまた美味しい。

メバルは柔らかく、ちょっと濃いめの味付けがご飯にばっちり。アイナメのなめろうはぷりぷりで弾力があり、臭みもまったくない。新鮮この上ないから当たり前だけど。考えてみると贅沢な食卓。

コウイチさんは民宿をやったら良いんじゃないかなぁと思ったけど、サービスしすぎて儲からないかな(笑)

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    よしこ(お財布忘れた子) (火曜日, 20 3月 2012 13:30)

    お~!釣れましたね^^
    まさか、漁師さんも船酔いするとは思いませんでした笑
    美味しそうな写真・・になまつばごくり。

  • #2

    コウイチ (火曜日, 20 3月 2012 21:00)

    よしこさん、お久しぶりです。
    冗談抜きで船酔いする漁師いっぱいいる!笑
    今度、ご馳走します。また来るよね?

  • #3

    美紀(妹) (木曜日, 22 3月 2012 18:23)


    たたき食べたい・・・
    来月行くからお願いします!

  • #4

    永窪友美子 (水曜日, 18 4月 2012 23:59)

    刺し網漁について、具体的な話を初めて知りました。
    魚を売っているのに、漁について、あまりに知らない自分に改めてびっくり!
    ホント、勉強になります。