ナマコの袋詰め

コウイチさんが潜り漁で捕ったバケツに一杯のナマコです。

捕って来たナマコは塩水と一緒に袋詰めして市場へ。

この写真ではよく分からないかもしれないけど、よくスーパーで売っているむき牡蠣の袋詰めと同じような感じですね。そんな感じで重さを量りながら袋詰めしていく訳です。そしてさらに石巻の市場へ。

ちなみに、震災前だとこの量でだいたい5万円くらいで売れていたのが、現在は1万5千円くらいだそうです。もともとナマコは市場で取引された後、干しナマコになって中国に行っていた訳ですが、原発問題で中国で買われなくなっています。こうした事って補償問題にならないんでしょうかね。

さらに今年は、津波に因ってよく捕れる場所も変わってしまったので、捕る事自体も大変。一番手っ取り早い潜り料がこの状態なので、やっぱり復興はすんなりとは行きませんね。