昼ご飯は贅沢な炊き込みご飯!

今日は、精力的に被災地支援を行っている、建築工房零のボランティアさんと、あたご荘についての打ち合わせ。零さんはあたご荘を拠点の一つとしているので、なにか力になりたいという事で、福岡から職人さんを呼んでくれました。

壁をつくっておこうかとか、いろいろな案が出たのだけれど、計画が出来る前にはやはり進めづらいということで、まずは床板をはがしながら、その下に溜まった泥を出してもらう事になった。早速取りかかってくれたボランティアさんたち。

上の写真は、基礎の水平を確認しているところ。大きくずれているところはないことが確認できた。

昼になって、あたご荘の奥さんが、炊き込みご飯を作ったから食べてと言って持って来てくれたのがこれ。

何の炊き込みご飯かと思ったら、なんとアワビ!アワビの炊き込みご飯なんて初めて。肝も入っていて、うまかったのは言うまでもない。